Author Archives: admin01

せっかくなら得をしたい!質屋を使いこなす3つのポイント

1点目は、質草にする品物は質入れする前に綺麗に整え、査定時には「大事にしてきた」ことをアピールすることです。

同じ品物であっても、持ち主にぞんざいに扱われてきたものと丁重に扱われてきたものでは劣化具合がまったく異なります。

また、人間の心情的に、やはり大切にされてきたものを預かる方が慎重になり、付ける価格も高めになります。

たとえばジュエリーを預けるなら、事前にクロスで綺麗に拭き、きちんと箱に入れ、保証書付きで質入れするのが理想です。

2点目は、融資額を増やしたいなら品数を増やすことです。

質屋は借りたお金を返せさえすれば預けた品物は必ず戻ってきます。

だから、返すアテが既にあって、できるだけ多くの融資額を得たい場合は、複数の質草を準備することがおすすめです。

実際、融資額が大きくなればなるほど金利は下がるため、複数品預けることは利息節約にも繋がります。

東京の大手質屋だと、幅広い品を査定対象としているので、ぜひ複数品持参してみましょう。

3点目は、どうしても返してもらいたいものでないなら買取も視野に入れることです。

質入れよりも買取の方が融資額は上がります。

額はおよそ2割増し。

これは大きいですよね。

質入れ→買取の変更は、質入れ後でも可能です。

融資額を返済できそうにない可能性が出てきたら、できるだけ早い段階で買取に切り替えましょう。

品物は戻りませんが、その代わり返済義務という重荷から解放され、かつ2割増しの金額を受け取ることができます。

東京では、質屋と買取店がセットになっている店舗も多数あります。

事前にチェックしておきましょう。

東京の質屋選び【大手VS個人店】徹底比較!

東京でいざ質屋へ行こうと思って調べてみると、質屋にも種類があることがわかります。

※記事ピックアップ→石臼でも預かる庶民の味方…タイに根付く「質屋文化」 新型コロナ危機のセーフティーネットにも

質屋には、大きく分けて、チェーン展開してCM広告を打っているような大手と、昔からひっそりと続けているような老舗個人店の2種類に分けられます。

実際どちらの方が良いのでしょうか?ここでは両社を比較しながら検証したいと思います。

まず大手ですが、大手の良いところは、何と言っても馴染みがあることです。

今まで質屋を利用したことがない人でも、1~2社の名前はすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。

日々広告を目にしたり、通勤やお出かけ時に店舗を見たりして、なんとなくよく知っているような気がするはずです。

そのため、敷居が低いと言えます。

実際、店舗の造りも「入りやすさ」を重視されており、初めての人でも気軽に来店できる工夫がされています。

ただ、中には、査定を目の前でしない質屋も。

本社にいる鑑定士がリモートで査定を行うところも増えています。

業務効率を考えるとベストなのでしょうが、利用者からすると「本当に正しく査定できているの?」と不安に感じる点です。

老舗個人店の良いところは、鑑定士の目利きが良いところです。

大々的な広告を打つこともなく、スタッフも限られた人数でやっているにもかかわらず長年経営できているのは、やはり鑑定士の腕が良い、つまりは査定額が良いということを意味しています。

実際、複数店査定比較している人が最終的に戻るのが老舗個人店だとも言われています。

一方で、昔ながらの風貌をそのままにしている店舗も多いため、初めての人にとってはなかなか入りづらいという声もあります。

このように大手と老舗個人店にはそれぞれ一長一短があり、とくに東京では顕著です。

よく吟味して利用しましょう。

東京で質屋を利用しているっていったいどんな人?

査定額が多少低かったとしても、やはり個人の信用判定なしで即日融資を受けられる質屋は魅力的ですよね。

でも質屋ってどうも古くて敷居が高いイメージ…東京ではよく見かけるけど、足を踏み入れる勇気がないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、実際にどういう人が質屋を利用しているのかをご紹介していきます。

質屋は、急な出費があって給料日までの繋ぎ融資がほしい会社員が多いと言われています。

もちろん質屋の立地などにもよりますが、東京のアクセス良い主要駅にあることが多いため、そこを通るサラリーマンからは馴染みがあり、会社帰りに寄りやすいという理由もあるようです。

また、毎月決まった日にサラリーが入るため、確実に返すアテがある(=質草を戻せる)というのもあるのかもしれません。

他には、生活費に充てたい主婦も多いようです。

過去にもらった宝石やブランドバッグを質草にして当面を凌ごうとする人が多いのだとか。

この場合、質流れも想定しているパターンが少なくないみたいです。

また、新規事業資金に充てたいという個人事業主や、単純に無駄遣いをしてしまったからお金がほしいという人も。

実際にはいろんな理由で利用している人が多いです。

質屋は持参した物の価値だけで融資を受けることができます。

つまり、資金使途を問われないのです。

それゆえ、いろんな人がさまざまな理由で質屋を活用しています。

質屋利用をしたいけど、二の足を踏んでいるのなら、ぜひ一度入ってみてください。

意外に周りの人が気にならず、すんなりと融資を受けられるはずです。

事前に知っておきたい質屋の落とし穴。こんな点にご注意を

質屋利用は「短時間で現金化」「信用情報に関係がない」というメリットがあります。

しかし、その一方でやはりデメリットもあります。

ここでは事前に把握しておきたい質屋のデメリットについて解説します。

1つには、そもそも質入れできるもの(質草)がないとお金を借りることができないという点です。

質草は何でも良いというのではなく、まとまったお金を借りたければ借りたいほど、貴重で高価なものである必要があります。

たとえば、ジュエリーや貴金属、ブランドのバッグや時計などです。

質屋は物を判断してそれに見合う金額を融資する場所です。

そのため「値が付く」品でなければ意味がないと言えます。

その品物を担保に借りるわけですから、期限内にお金を返せなければ当然所有権は質屋に渡り、自分の元に戻ってくることはない点にもご注意を。

このことを「質流れ」と言います。

また、質入れは買取よりも査定額が低くなるという点もデメリットです。

これは、預かっている間に、貴金属の価値は日々変動すること、その他ブランド品などについては経年劣化が考えられるからです。

つまり、質入れ日には30万だったものが質流れをして市場に出るときには25万円の価値に…なんてことも想定しているわけです。

そのため、質入れは買取よりも20%程査定額が低くなると思っておいた方が良いでしょう。

もし、質入れか買取かで悩むレベルであれば、買取にしてしまった方が手にする金額は大きいです。

他には、東京には多数質屋がありすぎて選定が難しい、必ず対面取引が必要、東京で金融機関を利用するよりも利息が高い、なども挙げられます。

メリット・デメリットをよく考え、利用を検討しましょう。