東京でいざ質屋へ行こうと思って調べてみると、質屋にも種類があることがわかります。

※記事ピックアップ→石臼でも預かる庶民の味方…タイに根付く「質屋文化」 新型コロナ危機のセーフティーネットにも

質屋には、大きく分けて、チェーン展開してCM広告を打っているような大手と、昔からひっそりと続けているような老舗個人店の2種類に分けられます。

実際どちらの方が良いのでしょうか?ここでは両社を比較しながら検証したいと思います。

まず大手ですが、大手の良いところは、何と言っても馴染みがあることです。

今まで質屋を利用したことがない人でも、1~2社の名前はすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。

日々広告を目にしたり、通勤やお出かけ時に店舗を見たりして、なんとなくよく知っているような気がするはずです。

そのため、敷居が低いと言えます。

実際、店舗の造りも「入りやすさ」を重視されており、初めての人でも気軽に来店できる工夫がされています。

ただ、中には、査定を目の前でしない質屋も。

本社にいる鑑定士がリモートで査定を行うところも増えています。

業務効率を考えるとベストなのでしょうが、利用者からすると「本当に正しく査定できているの?」と不安に感じる点です。

老舗個人店の良いところは、鑑定士の目利きが良いところです。

大々的な広告を打つこともなく、スタッフも限られた人数でやっているにもかかわらず長年経営できているのは、やはり鑑定士の腕が良い、つまりは査定額が良いということを意味しています。

実際、複数店査定比較している人が最終的に戻るのが老舗個人店だとも言われています。

一方で、昔ながらの風貌をそのままにしている店舗も多いため、初めての人にとってはなかなか入りづらいという声もあります。

このように大手と老舗個人店にはそれぞれ一長一短があり、とくに東京では顕著です。

よく吟味して利用しましょう。