査定額が多少低かったとしても、やはり個人の信用判定なしで即日融資を受けられる質屋は魅力的ですよね。

でも質屋ってどうも古くて敷居が高いイメージ…東京ではよく見かけるけど、足を踏み入れる勇気がないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、実際にどういう人が質屋を利用しているのかをご紹介していきます。

質屋は、急な出費があって給料日までの繋ぎ融資がほしい会社員が多いと言われています。

もちろん質屋の立地などにもよりますが、東京のアクセス良い主要駅にあることが多いため、そこを通るサラリーマンからは馴染みがあり、会社帰りに寄りやすいという理由もあるようです。

また、毎月決まった日にサラリーが入るため、確実に返すアテがある(=質草を戻せる)というのもあるのかもしれません。

他には、生活費に充てたい主婦も多いようです。

過去にもらった宝石やブランドバッグを質草にして当面を凌ごうとする人が多いのだとか。

この場合、質流れも想定しているパターンが少なくないみたいです。

また、新規事業資金に充てたいという個人事業主や、単純に無駄遣いをしてしまったからお金がほしいという人も。

実際にはいろんな理由で利用している人が多いです。

質屋は持参した物の価値だけで融資を受けることができます。

つまり、資金使途を問われないのです。

それゆえ、いろんな人がさまざまな理由で質屋を活用しています。

質屋利用をしたいけど、二の足を踏んでいるのなら、ぜひ一度入ってみてください。

意外に周りの人が気にならず、すんなりと融資を受けられるはずです。